青魚を酢とウォーターサーバー

今は回転ずしやスーパーで出てくる、握り寿司。

デパートやスーパー、回転ずしでは人でなく寿司ロボットが酢飯を握っている所もあるようです。

水を安全にお手軽に家庭で ウォーターサーバー

握り寿司の始まりは、お寿司屋さんが握ってだす江戸前寿司が、最初といわれています。

江戸前ずし、最初は屋台で握って出していた、とも伝えられています。

江戸前島辺りで取れる魚を、ネタとして使う江戸前ずし。

家庭では作られる事はないようですが、江戸(今の関東)から広がった江戸前の握り寿司。

主に酢飯と一緒に握るネタは、魚介類の生身やコハダといたみやすい青魚を酢でしめた物。

煮アナゴや蒸しエビなどの火を通した物から卵焼きなどさまざまです。

握り寿司の中には、ワサビや生姜やおぼろをのせたり、挟んだりして出していました。

江戸時代くらいから始まった、江戸前ずしは昭和に入った1941年に、握った酢飯を海苔で巻く軍艦巻きが考案されます。

卵焼きなどのはがれやすいネタには、昔はかんぴょうで巻いていたようです。

最近は細い海苔で巻いています。

回転ずしには、江戸前ずしで使われるネタ以外の物も、回っていたりしています。

寿司の種類も回転ずしでは、江戸前での定番以外の魚介類や卵焼き以外が、あるお店もあるようです。

お寿司屋さんのネタも、所変わればかなと思う今日この頃です。

安心なウォーターサーバーもおすすめです。

no comments

Comments are closed.